絶滅危惧種リカオンの応援ブログ

絶滅危惧種のリカオンの認知度を上げ、保護活動に貢献することを夢見るブログ

リカオンとは?

リカオン」と聞くと、なにそれ?と、知らない方が多いのではないでしょうか?リカオンは、人口の約20%にしか知られていない、アフリカのサハラ砂漠以南に住む絶滅危惧種のイヌ科の動物です。

では、その珍しいリカオンはどのような動物かをご紹介いたします。

リカオンはイヌ科の動物!

リカオンはイヌ科の動物で、リカオン属唯一の動物。飼い犬やオオカミとも、とてもとても遠い遠い親戚になるようです。国際自然保護連合(IUCN)からは2016年に、レッドリストと呼ばれる絶滅危惧種に指定されています。群れ(英語では、リカオンの群れはパックと呼ばれます。)で行動する動物で、6頭から多いと、30頭以上にもなります。

どんな見た目?

全体的には犬のようですが、一番の特徴は大きくて丸い耳です。耳の中からは、白いふわっとした毛が生えています。また、足はとても細くて長いです。毛の色は、黒、茶、白、黄土色のまだら模様で、細い足には、比較的白地に黒い斑点があることが多く見られます。他のイヌ科と違うところは、リカオンの爪は4本!親指にあたる5本目の爪がありません。リカオンの爪については、こちらの記事を参考にしてみてください。

f:id:fuchsiapink:20181004181035j:plain

この体の模様からリカオンの学名は、Lycaon Pictusと名付けられました。Lycaonは、ラテン語で「狼」、Pictusは「彩られた」という意味で、直訳すると「彩られた狼」という意味です。

f:id:fuchsiapink:20181004181127j:plain

リカオンの毛皮については、こちらの記事に詳細を投稿したので、是非参考にしてみてください。

lycaonblog.hatenablog.com

体の大きさは、鼻からしっぽの付け根まで、約75〜110cm。体重は役17〜35キログラムほどです。 男女でサイズの差はあまりなく、雄のリカオンのほうが約5cmほど大きい程度です。ジャーマンシェパードよりもずっとスマートな体つきですが、メスのジャーマンシェパードくらいのサイズと想像してもらえればよいでしょう。

しっぽにも特徴があり、しっぽの先は、大体白くふわふわになっています。これは、草原で狩りをする時にしっぽが目印になり役立ちます。しっぽの長さは約40センチ。

首や顔周りもふわっとした毛が生えており、顔は茶色がベースで、鼻面と目の周りが黒く、目はつぶらで、オレンジっぽい色です。額の真ん中に黒い鼻筋のようなものが通っています。

どこに住んでいるの?

アフリカ大陸の、サハラ砂漠より南と言われており、だいたいアフリカの南のほうの国に生息しています。アフリカのサバンナ、主にボツワナザンビアジンバブエモザンビークタンザニアケニア南アフリカなどの国に生息しています。IUCNに掲載されている詳細の地図でご確認くださいませ。IUCN Red List maps

f:id:fuchsiapink:20180930233055p:plain

オレンジ色になっているところがリカオンの生息地。アルジェリアの南、リビアの国境近くの黄緑色は、リカオンが住んでいると考えられている場所です。

かつては、アフリカ大陸のもっと多くの地域に生息をしていましたが、住む場所を奪われ、現在では、かつての棲息地域の約1パーセントという非常事態の中でリカオンは暮らしています。

 何を食べるの?

リカオンは、肉食の捕食獣で、草食動物を捕らえて食べます。トムソンガゼル、インパラ、ニアラなどが好きな食べ物ですが、イボイノシシなども食べます。ヌーや、トピ、シマウマなどリカオンの体よりも何倍も大きな動物でも、仲間で協力して捕らえることができます。最近では、ヒヒを捕らえたリカオンがいるとナショナルジオグラフィックの記事に出ていました。

natgeo.nikkeibp.co.jp

リカオンは獲物を捕らえてから数分間で静かに食事を済ませます。そうしないと、とらえた獲物を狙ったハイエナやライオンが横取りしに来てしまうからです。横取りされる前に急いで食べるのですが、その食べた肉はお腹のなかにためておいて、後に吐き戻し、巣穴に戻り子供達に与える事ができます。

リカオンの狩りについて

リカオンは、狩りがとても得意です。足が速く、狩りをしている時には獲物を追いかけ、時速60キロにも達することがあります。群れで行動しているため、群れに多くのリカオンがいるほうが有利です。

リカオンにはスタミナがあります。大きな肺と心臓をもっているので、何時間でも高速で駆けて行く事ができるのです。仲間同士で鳴き声で指示をだし、獲物を追いかけ続け、相手が疲れたころに襲います。

f:id:fuchsiapink:20181004182751j:plain狩りの成功率は、サバンナではナンバーワン約80%の確率で獲物を捕らえることに成功します。これは、ライオンの20〜30%、ハイエナの60%と比べると、かなり高い確率です。リカオンに狙われたら、逃げ切る事は難しいと考えられます。 

リカオンの狩りの動画等をご覧になると分かるかと思いますが、狩り獲物を捕らえたら、即食べる、これが鉄則。そうしないと、ハイエナや、ライオンに横取りされてしまうからです。

最近では、泳いで獲物を捕らえるリカオンの動画もありました。参考までに是非ご覧ください。実に珍しい瞬間です。まさに狙われたら最後。

lycaonblog.hatenablog.com

 

リカオンの天敵は?

リカオンは、野生動物の中でも非常に強い動物で、1番の天敵はライオンです。子供のリカオンにとっては、 ハイエナも天敵になり得ます。また、人間は、リカオンだけでなく全ての野生動物の天敵だと考えられます。人間の住むところを拡大するため、野生動物の居場所が奪われています。人間は広大な移動場所を必要とするリカオンにとっては天敵です。

リカオン絶滅危惧種 

リカオンはアフリカで2番目に絶滅が懸念されているイヌ科の捕食獣です。国際自然保護連合でも、レッドリストに登録されている貴重な生物です。

リカオンが野生で確認されている数は、3000頭とも5000頭とも言われています。情報が公開された時期にもよります。現在は、比較的前向きな個体数が発表されており、およそ6600頭という数が報告れています。

かつては広大なアフリカ大陸の砂漠、熱帯雨林以外のかなり広い範囲でリカオンは生息していたようですが、人間との関係性、住む場所が狭くなってしまったことが主に絶滅への危険性を促したようです。現在でも家畜を襲うという理由でリカオンは銃殺されてしまったりしています。地域の人々への教育が足りない事も原因でもあるため、リカオンについて子供達に教える保護団体もあります。長い間誤解をされ、迫害されてきたリカオンですが、ようやく人々はリカオンがそれほど悪い動物でないことに気がつき始めています。

リカオンの迫害の歴史について、詳しいインタビューがあったので、内容をまとめた記事を投稿しました。是非参考にしてみてください。どれだけリカオンの数が減ってしまったかがよくわかります。

lycaonblog.hatenablog.com

あまりにも個体数が減ってしまったため、サファリなどで遭遇する事が難しく、写真やドキュメンタリー等、メディアへの露出が他の野生動物に比べ少ないのがリカオンの認知度の低い原因かと思います。ですので、リカオンのことを知っている人はとても少ないです。リカオンの事を知っている人は貴重ですので、是非世の中に広めるようにしてください。

2018年の11月4日から8日に、ドイツのボンで国際会議が開かれ、リカオンをはじめとする、4種類の大型補食獣で、絶滅危惧種リカオンチーター、ライオン、ヒョウをアフリカ全土で長期で保護活動を強化することが決定いたしました。
詳細は以下の記事を是非ご覧ください。

lycaonblog.hatenablog.com

 

リカオンの鳴き声

リカオンは、犬のような姿ですし、英語では、African Wild Dogといわれますが、犬のようにわんわん吠えたりはしないのです。コミュニケーションは鳴き声でとっていますが、声がとてもかわいい。捕食獣らしからぬ、かわいい小鳥のさえずりのような声をしています。キュルキュルというか、、そういった感じの鳴き声で、興奮してくると、ヒヒヒヒと少し笑ったような声に鳴ります。また、迷子に鳴った時は、首を下げて、フーフーフーと仲間を捜す声(Hoo Call)を出します。リカオンは鳴き声で複雑なコミュニケーションがとれるようで、約11種類もの鳴き声を使い分けているようです。

www.youtube.com

この動画でリカオンが狩りに出かける前の鳴き声がよくわかります。興奮してキュルキュルないていますね。

フーコールに関してはこちらの記事も参考にしてみてください。

lycaonblog.hatenablog.com

リカオンの習性

リカオン群れで行動する動物です。最低でも6頭のリカオンが群れで行動することが狩りの成功の秘訣のようです。30頭以上の大所帯のリカオンの群れもあります。

アルファペアと呼ばれる、オスとメスのペアが群れのリーダーとなり、群れの中で繁殖するのもこのペアのみ。広い行動範囲を必要とし、縄張りを持っていないため、一日に何キロも移動します。繁殖の時期のみ、別の動物の古い巣穴を見つけ、子供のリカオン達が大きくなるまでの数週間は一カ所にとどまります。

社会性が大変高く、群れの仲間で助け合います。子供の面倒も群れのリカオン全員でお世話をし、例えばケガをしてしまった仲間がいても、見捨てずに群れで助け合いながら生活します。仲間同士の関係はとても穏やかで、序列も決まっていますが、オオカミほど激しくありません。子供リカオン達は、大人になるにつれて、オスのリカオンは自分の育った群れにとどまり、メスは自分の群れを離れて、別の群れに移動します。

コミュニケーション力が高く、狩りの前に士気を高めるようにダンスをしたり、お互いの鼻面をくっつけあいます。よく、重なり合って休んでいる姿が写真に収められています。

そんな仲良しなリカオンでも、群れ同士で出会ってしまった場合、喧嘩になることがあります。別の群れの仲間に入る事は、相手に受け入れられないと大変な目にあいます。相手の群れが大きすぎるところに入っていくのも大変危険を伴います。

リカオンのチームワークについて詳しく書いた記事があるの、ご参考までに。

lycaonblog.hatenablog.com

リカオンはペットとして飼えるか?

さて、こんなリカオンですがペットとして飼うことは可能なのでしょうか?厳密にいうと、飼うことは可能です。しかしリカオンは「人に危害を加える恐れがある」という特定動物ですので、飼うためには自治体からの許可が必要です。マイクロチップを埋めたり、飼育の基準を満たしていないと難しいため、リカオンを個人で飼おうとすることは大変難しいと思います。リカオンをペットして飼おうとすることはヤバイという記事を書いたので是非参考にしてみてください。

lycaonblog.hatenablog.com

そんなわけで、リカオンは個人のペットというよりも動物園で飼育していただき、我々はそのリカオンに会いにいくことがいいのではないかという結論です。

日本でリカオンに会えるところ

日本では、2つの動物園リカオンが飼育されております。

  1. よこはま動物園ズーラシア
  2. 富士サファリパーク

詳細の投稿は是非こちらをご覧ください。

lycaonblog.hatenablog.com

 

 

※このリカオンに関する一般的な情報は、更新して行くようにいたします。
最終更新日:7/7/2019

 

参考:

オオカミと野生のイヌ
ナショナルジオグラフィック 1999年5月号
小学館の図鑑NEO 動物 イヌのなかま
ウィキペディア
IUCN
MPALALIVE!

 

にほんブログ村 犬ブログ その他珍しい犬へ
にほんブログ村

サベージキングダム3 10月31日から放送開始!リカオンも出るよ!

f:id:fuchsiapink:20190920140106j:plain

サベージキングダム3がいよいよ日本のテレビにも登場します!10月31日ハロウィーンの日に放送がはじまるよ!

natgeotv.jp

リカオンがメインの回は第2エピソードだろうね。いままでのシーズン1と2では、ティマなとマラウが群れのアルファペアがメインの登場リカオンだったけれど、今回はちがうのかな?どうやら新しいリカオンが登場するっぽい!これ、ナショジオTVの説明です。↓

愛される老いた王「モハトラ」率いる 崩壊直前のリカオン軍団
ハイエナ軍団に引けを取らない兵力を持つリカオンの軍団。しかしそれを率いる王、モハトラは老いを隠せなくなっていた。群れの仲間たちに慕われていることに変わりはないが、かつての王としての強い統率力は失われはじめていた。老いた王の運命は如何に、そしてシーズンフィナーレでは幾度となく獲物を奪ってきたハイエナ軍団に復讐することが出来るのか?!ハイエナ軍団に引けを取らない兵力を持つリカオンの軍団。しかしそれを率いる
楽しみですが、、、リカオンの群れはなんだか行き先が不安な???10/31はナショジオが見れる人はみようね!
【放送日時】
【二ヶ国語】10月31日(木)スタート 毎週木曜 21:00~22:00
【字幕】11月1日(金)スタート 毎週金曜 23:00~24:00
再放送:
【二ヶ国語】
11月2日(土)より 毎週土曜 9:30~10:30
11月7日(木)より 毎週木曜 20:00~21:00
【字幕】
11月5日(火)より 毎週火曜 7:00~8:00
11月8日(金)より 毎週金曜 18:00~19:00
この番組はエミー賞にもノミネートされているのできっと素晴らしいドキュメンタリーだと思います。エミー賞は今週末発表がありますね。賞をとってリカオンがもっと世の中に知れ渡りますように。。。因にエミー賞にノミネートされているリカオンが出ている番組についても過去に記事を投稿しているので以下の記事を参考にしてみてください。
 

リカオンを応援しているリカえもんさんのお店

リカオンの応援ブログをはじめて、リカオンを応援してくれるお友達などが増えました!今のところ一番といっていいほどお世話になっている方を紹介します。

その方は、リカえもんさん!

twitter.com

リカえもんさんは、もうずっとリカオンのことも、私のブログを応援してくれていて、去年はデイリーリカオンというゲームのライブ中継もやっていらっしゃいました。

そして、最近では、とてもかわいらしいオリジナルのイラストをつかって、いろんな商品をつくられているのです。これがまた、かわいくて、リカオンのイラストなのですが、いぬちゃんと呼ばれているかわいいいぬなのです。

675bd3dffb0172c3177c849b61871a467957ec61.edis-on.com

私はリカえもんさんが描くいぬちゃんが大好きでまずは、いぬちゃんのマグネットを二つ購入しました!

受注生産なので注文してから1週間くらいかな?待っていた甲斐があって、とてもかわいいです!!!いっこは、いつもお世話になっている友達にあげます!

f:id:fuchsiapink:20190914224342j:plain

リカえもんさんはリカオンの認知度をあげるために、素晴らしい貢献をされています。ツイッターリカオンハッシュタグをしても、リカオンを知らない人はリカオンで検索することもできないから、イヌ科とかのほうがいいのでは、とアドバイスをくれたり、それがリカえもんさんのいぬちゃんの誕生となったのかもしれませんが、実に素晴らしいアイデアです。

リカオンのグッズってとても少ないし、いぬちゃんは本当にかわいいオリジナルのリカオンなのでおすすめしちゃう!ぜひリカえもんさんのお店に立ち寄ってみてね!

 

 

 

2019年 Wildlife Photographer of the Year のリカオン

f:id:fuchsiapink:20190908114507j:plain

Photo Credit: Mr. Peter Haygarth

ロンドンでは毎年野生動物写真のコンテストをしているようで、去年もリカオンの写真が上位に選ばれていましたが、今年も、リカオンの写真が選ばれています!

www.thetimes.co.uk

まぁ、メインはチーターのようにみえるけれどその周りにリカオンの群れがいます。獲物を狙っているのかな。チーターは通常はソロで狩りを行うけれど、リカオンは群れで狩りをするので、リカオンが勝つことが多いです。

去年は、Nick Dyerさんの写真がファイナリストに選ばれていました。このようにリカオンがメディアに出ることはとても重要で、認知度を上げることに役立ちます。

去年のNick Dyerさんのお写真はこちらです↓

f:id:fuchsiapink:20190910231140j:plain

www.nhm.ac.uk

一般の人の投票もできたので、私も何回もNickさんのお写真に投票しました。この写真はリカオンメインだったからリカオンがとても注目されました。今年は、なんとなくチーターのほうが目立つけど、やっぱりリカオンが注目されてほしいと思っています!

イギリスの自然史博物館の企画です。こちらが自然史博物館のコンテストのサイトです。一度いってみたいなぁーと思いを馳せています。

www.nhm.ac.uk

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンドメイドリカオンのメモ(金箔・銀箔つき♪)

いつもアートを習っているお教室のお友達が、リカオンのメモ帳を作ってくれたのです!エブルというトルコの伝統芸術の技法で模様をつけた柄の箱も手作りしてくれて、箱を開けてさらに感動いたしました。美しい肢体のリカオンが金色に輝いていました!!!

f:id:fuchsiapink:20190908231221j:plain

あぁ、写真にすると素晴らしさが激減してしまい、本当の美しさが全く伝わりません!!!!

f:id:fuchsiapink:20190908231255j:plain

この緑色には、銀色のリカオンの箔が押してあります!!!

f:id:fuchsiapink:20190908231501j:plain

キラキラ輝いているのがこの写真で少しは届くでしょうか?もったいなくて使えないけれど、使いたい!これは特別な時にだけ使います!!

彼女は、アートのことを色々知っていて、わたしはいつもいろんなことを教わっています。インクをダメにしてしまった時も、すごく詳しく調べてくれて、さらには、インクをなおしてくれたり本当にお世話になっているのです。過去には、ご自身の作品を販売した売り上げをリカオンのために寄付してくださったのです!!!なんと尊い、、、本当に感謝してもしきれないのです。

このメモをお教室でみんなにみせびらかしたところ、この輝くリカオンの箔を押すために、リカオンの型をつくってくれたんじゃないのかな、ということで、もはやプロとして商品化してうれるのではないかと思ったくらいでした。

リカオンを知ってリカオンを応援しているうちに、なんと私自身が多くの人から色々と応援していただく身になって心から感謝しています。生きているといろんな人に出会いますが、リカオン活動を応援してくれる人々は本当に素晴らしいお心を持った方々、私はこのご恩を忘れないようにせねばなりません。本当にありがとうございました。

 

リカオンの耳

f:id:fuchsiapink:20190903215035j:plain

Photo Credit: Nick Dyer

リカオンの特徴といえば、大きな耳が挙げられます。

リカオンの耳は大きくて丸く、サテライトディッシュ型とか、ミッキーマウス型とかと呼ばれており、顔と同じくらいのサイズの大きな耳です。耳の縁は黒く、耳の中からは白っぽい色の毛がふさふさと外に向かって生えています。

それから、耳の付け根の近くが少し複雑になっているようです。そういえば、かつて飼っていたジャーマンシェパードの耳も、付け根のところが複雑でした。耳の皮が2枚になっているというか、切れ目がはいっているというか、そんな感じです。検索したら、袋耳というもののようです。リカオンも同じように袋耳になっているようです。(Nick Dyerさんが出版された、リカオンの本(PAINTED WOLF| A Wild Dog’s Life)に良い写真があったので、本を写真にとって掲載してます。赤く囲んだ箇所が袋耳の場所です。向かって右にも同じようにあります。こんどズーラシアで飼育員さんに聞いてみたいと思います。) 

f:id:fuchsiapink:20190903215347j:plain

f:id:fuchsiapink:20190903215404j:plain
また、後ろからみると、リカオンの耳は、全体的にだいたい黒っぽい毛が生えています。

f:id:fuchsiapink:20190902230901j:plain

リカオンの耳の周りの筋肉はとても発達していて、色々なアングルに傾けたり動かしたりすることができます。いつでも、ピクピクと動いています。こちらは、アフリカで撮影されたリカオンの群れですが、休んでいる時も、耳がピクピクしているのがわかります。

www.instagram.com

耳をみるアングルによっては、耳が三角に見えたりしてしまうこともあります。

f:id:fuchsiapink:20190902231259j:plain

この大きな耳は、リカオンにとってとても重要な役割を果たします。

大きな耳のおかげでいろんな音を聞き逃しません!野生では危険がいっぱいなので、少しの音でも聞き逃さないようにして用心しないといけません。大きな耳はよく聞こえるのです。そっと地面を這ってヘビが近づいてきても、小さな音で危険を察知することができます。

また、リカオンは仲間で狩りをするときに、鳴き声で仲間に指示を出したりします。そのため仲間の声がよく聞こえなくてはなりません。例えば1頭がまちがった方向に行ってしまうと、こっちだよ!という連絡などを鳴き声で知らせてくれます。

迷子になった仲間を探すときにも大きな耳は重要です。迷子になったリカオンと、仲間がフー、フーと地面に向かってフーコールをしあって探します。このフーコールは4キロくらい先まで聞こえるのですが、それは間違いなくリカオンの大きな耳のおかげでしょう。

リカオンの耳が大きいのは聴力のためだけではありません。体の熱を逃がすラジエーターのような役割もしていると考えられています。あついアフリカでの夏の季節に体温調整をするためでしょうか。それとも、狩りで体が熱くなるのでその体温調整のためなのかは不明です。

このリカオンの大きな耳は人間にとっても観察のときに役立っています。リカオンは耳の縁がバトルなどでかけている場合があります。その欠け具合が、個体識別に使われたりしています。時には、大きく切れ目が入ってしまっているリカオンもいます。

これは、ズーラシアのトミーさんです。右耳が少し欠けているため、トミーさんだと判断しやすくなっています。リカオンの個体識別ができるTwitterのお友達が教えてくれました。

f:id:fuchsiapink:20190902232148j:plain

それからリカオンは、狩りで獲物に近づく時に耳を頭にくっつけるようにしています。その時の耳は外を向いています!ちゃんと音が聞こえるようにしているのでしょうか。

f:id:fuchsiapink:20190903222102j:plain

リカオンの耳は、生まれた時はまだそんなに大きくありません。時々、耳が垂れていることもありますが、成長とともに、耳も大きくなって、ピンとしてくるようです。この写真は巣穴から出てきたばかりの頃の子リカオン

f:id:fuchsiapink:20190903222245j:plain

最後に、リカオンの耳は仲間同士でじゃれるときに、「かぷっ」と噛まれたりしています。結構な頻度で耳が噛まれている写真をみかけます。インスタにちょうどいい写真が投稿されていたのでここに掲載させていただきます。

f:id:fuchsiapink:20190903222433j:plain

Photo Credit: Kim Wolhuter

1週間前に、次はリカオンの耳について記事を書きます!と宣言したのはよかったが、リカオンの耳は想像以上にすごいなと思いました。実際に触ったり近くで観察ができないので、Nick Dyerさんの本や保護団体の情報と、自分の観察からまとめました。今後もっと面白情報があれば、追記していきたいと思います。

 

会社でリカオン飼い始めました(社畜?)

f:id:fuchsiapink:20190829230736j:plain

こちらの写真が、我が会社に君臨する2頭のリカオンです。

リカオンは、人口の20%にしか知られていない絶滅危惧種の動物のため、保護活動も進みにくいのが現実です。そこで、わたしのミッションはできるだけ多くの人にリカオンのことを知ってもらうこととして、リカオンの普及活動をはじめました。

家族、友人、会社の同僚、趣味の仲間などに少しずつ話を聞いてもらい、リカオンを紹介しています。

会社では、中国人の上司にも色々説明をして、話を聞いてもらったりしています。彼はとても真面目な人で、じゃ、どうしたらリカオンを救えるか、とか、なんでロンドン動物園にリカオンいないんだ、その地区の政治家にリカオンを紹介して、好きになって貰えば、リカオンをロンドン動物園で飼育してもらえると思う、とか言い出しました。もう一人の同僚は、リカオンのファンドを立ち上げたらどうか、とか言いました。

最近は、会社にリカオンの本を持って行ったりして、見てもらったりしていましたが、今度は、先日友人からいただいたミニアチュアのリカオンを会社に連れて行くことにしました。リカオンは群れで生活するので、木彫りのリカオンと一緒に2頭連れて行きました。わたしのパソコンの上で存在感を出しています。

現在、私の周りだけですが、リカオンを知る人は80%近くになっているはずです。

かつて、リカオンのために何もできない私に、優しい友人が「リカオンのことを話すだけでも保護活動に繋がると思うよ!」と励ましてくれました。彼女の言う通りかもしれません。

さて、このリカオンの応援ブログはついに365記事の投稿を達成しました。去年の、第一回リカオンの日から一生懸命毎日更新をして、病気の3日間を除いて毎日リカオンについての投稿をしました。

ところが、毎日投稿、に囚われて、内容の薄いものを実に多くありました。今後は、内容をもっと磨いて、不定期で1週間に1回以上の更新を目標とし、リカオンについてもっと詳しく調査する時間をとって、内容が濃い記事を投稿していこうと思います。まずはリカオンの耳についての記事を書きたいと思います。引き続きリカオンを頑張って応援していきます!

 

 

リビングデザートのリカオン 17週目

f:id:fuchsiapink:20190828231854j:plain

Photo credit: Living Desert Zoo|Gardens 

カリフォルニアのリビングデザートからひさしぶりのPupdateがありました。

8月26日のリカオンの日に、フェイスブックに投稿されていた動画です。

4月に、カリフォルニアのリビングデザートで生まれた6頭の子リカオンたちは、現在17週間を迎えました。全員無事にすくすくと育っているようです。だいぶ大きくなりました!

最近、健康診断があったようで、子リカオンたちは、体重が11キロから12.5キロほどになったことが報告されています。日中は、背が高い草が生えている涼しめの場所で、ご両親のそばでのんびりすごしているみたいです。この動画と内容はリビングデザートのフェイスブックからお借りしています。

リビングデザートでは、特設サイトでリカオンが生まれてから8回ほどPupdateを投稿しています。生まれたばかりの頃の子リカオン の写真もみれますので参考までにPupdateのリンクを貼っておきます。

https://www.livingdesert.org/animals/pupdates/